朝起きてビックリ…~雪国だからこそのメンタルケアとは~ | 札幌のカウンセリング こころの羽

Close

ブログblog

朝起きてビックリ…~雪国だからこそのメンタルケアとは~

こんにちは。札幌市北区にある『カウンセリングルームこころの羽』の岡本です。

ついに雪が積もりましたね(汗)

先日、初雪が降ったばかりなので「積もるの早すぎない?!」というのが私の正直な気持ちです…(笑)

一昨日の夜には写真の通り車にもしっかりと積もるほどの雪が降っていました(汗)

そして昨日は、朝から30分ほど今シーズン初の『雪かき』です。

同じ時間の使い方なら「いやいややる」よりも「楽しもう」と思い、「良い運動だなぁ♪」なんて思いながらの雪かきでした(笑)

私が生活をする札幌も含む「雪国」と呼べる地域ですが、雪が降らない地域に比べて心や体の負担を軽減する必要があるなぁと毎年感じます。

実際に、雪かきをするために通常よりも早起きしたり、車の雪を降ろす時間も考慮して早めに家を出たり…という変化は皆さん意識していますよね?

この「変化」というのは、例外なく「ストレス」になります。

もちろん、人それぞれの価値観により「大きいストレス」なのか「小さいストレス」なのかの違いは生じると思いますが、それでもストレスであることには違いありません。

それであれば、普段よりもストレスを溜めないことを意識することが大切ですよね?

私の場合は、「雪」に関するイメージを良いものに変化させてストレスを小さくすることと同時に普段よりも少しだけ工夫して「ちょっとした手抜き」を意識的に行うようにしています。

例えば、「雪」に関するイメージについては…

  • 運動不足解消につながる
  • 近所の方とコミュニケーションをとるきっかけになる(除雪中の世間話や雪国特有の仲間意識。笑)
  • 子供たちと雪で遊ぶことができる(子供たちは大喜びです。笑) などなど

ちょっとした手抜きについては…

  • (中央区の事務所へ行く際)いつもよりも近い駐車場にとめる
  • 手軽に食べられる朝食を用意しておく
  • 外食やお惣菜など、便利なものを活用していく などなど

ポイントとしては、普段なら「贅沢してしまった…」「節約しないと…」と思うことでも、意図的に利用してみることです。
そして、その時に「罪悪感」や「後悔」をしないこと。

罪悪感や後悔を感じてしまうと、ストレスを軽減するためにとった行動が逆にストレスを増やしてしまうことにもつながってしまいます。

あくまで「期間限定」「無理のない範囲」を意識しつつ、季節柄増えてしまう負担を補う程度の負担軽減を意図的に行っていくこと。

これが大切なポイントです(^^)

ちなみに私の今日の朝食は、『蒸し鶏』に『サラダスパイス』をかけて食べました(笑)

これもちょっとした手抜きの一つですが、スパイス系の調味料を用意しておくと手軽に美味しく食べられるので便利です。

いつもとは違う視点でスーパーの食材コーナーや調味料コーナーを眺めてみると、負担を軽減できるヒントに気付けるかもしれませんね。

『カウンセリングルームこころの羽』岡本教兵

ブログ一覧へ >

ご予約はこちら