夫婦関係をカウンセリングでサポート〜夫婦問題における心理カウンセラーの役割とは〜 | 札幌のカウンセリング こころの羽

Close

ブログblog

夫婦関係をカウンセリングでサポート〜夫婦問題における心理カウンセラーの役割とは〜

「恋愛相談」と呼ぶには複雑な問題が重なりやすい「夫婦の問題」をカウンセリングでサポートする。

こんにちは。最近、ご夫婦両方のカウンセリングを担当させていただく機会が増えている『カウンセリングこころの羽・札幌本店』の岡本です。

夫婦になってみると…恋人同士だった頃には発生しなかった様々なすれ違いや価値観の違いが、二人だけでは解決できない問題に発展することは少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、ご夫婦で心理カウンセリングを利用するとどのようなサポートを活用できるのかいくつかの例をご紹介させていただこうと思います。

結婚式の夫婦-恋愛

◆失敗体験続きの恋愛から大逆転で一度目の結婚…そして…

今振り返ってみると私自身の人生は、上手くいかない恋愛の連続だったと感じます。

自分に自信がないから、相手の顔色をうかがって空回りする。

空回りが重なり、気まずい空気やもめごとが多くなっていく。

そして別れる流れに…。

上手くいかない“きっかけ”は毎回違うものの、根本的な問題や課題は自己肯定感の低さだったようにも思えるのです。

その後、当時勤めていた会社の社内恋愛で結婚。

ここで、辛い恋愛体験に終止符が打たれるはず…だったのですが、結婚7年目での「離婚」。

今振り返ってみると…この離婚の主な原因は、「自己肯定感の低さ」と「相手への期待の高さ」だったのではないかと感じます。

その経験を振り返ってみると心理学や脳科学の考え方が夫婦関係にも効果的であることや夫婦関係にも心理カウンセリングのサポートが有効だと感じます。

夫婦関係の相談ができるカウンセリングのイメージ

◆夫婦関係を心理カウンセリングで相談すると…

最近では恋愛相談を心理カウンセリングへ相談いただくことも多くありますが、夫婦関係の場合は、日常生活や金銭的な面、育児や仕事など様々な面が関わるため複雑なお悩みになりがちかもしれません。

ご夫婦の間で話し合って解決できることは一つの理想かもしれませんが、問題や課題の当事者になってしまう関係の二人で話し合うと、感情的になってしまう可能性が高く、問題が解決に向かうどころかより悪化することも少なくありませんよね?

そんな時に心理学や脳科学を学んでいる心理カウンセラーを交えて「相談」「話し合い」をすることによって、冷静な話し合いができる可能性が高まることも夫婦関係を心理カウンセリングで相談することのメリットの一つとなります。

長い夫婦関係の中では、心の面でもしっかり向き合うことが必要だと思いますが、そのタイミングは非常に重要なもの。

とは言え、タイミングを待って「放置」することも得策ではない場合がほとんどだと思います。

お二人だけでの問題解決や関係の改善が難しい…と感じた場合には、カウンセリングを利用してみることもオススメです。

実際のカウンセリングの進め方としては、心理カウンセラーを含めた三人でお話させていただき、カウンセラーが司会進行するような流れでお二人からお話を伺うかたちでも大丈夫ですし、それぞれお一人ずつからお話を伺う流れでも大丈夫ですのでご安心ください。

気持ちのすれ違いから、価値観の違い、DVなどのデリケートな問題までご夫婦のお悩みを心理カウンセラーへ相談してみませんか?

『カウンセリングこころの羽・札幌本店』岡本教兵

ブログ一覧へ >

ご予約はこちら