台風19号の被害について~災害に対してカウンセリングでできること~ | 札幌のカウンセリング こころの羽

Close

ブログblog

台風19号の被害について~災害に対してカウンセリングでできること~

こんにちは。札幌市北区にある『カウンセリングこころの羽・札幌本店』の岡本です。

この度の台風被災に際し、亡くなられた方やそのご家族には心よりお悔み申し上げますとともに、被災に遭われた皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。

連日、テレビやインターネットで観る被害状況に胸を痛めておりますが、季節の変わり目の時期ではありますので、皆さまもお体にご自愛くださいませ。

◆物理的な支援と心理的な支援

心理カウンセラーという立場の場合、主な役割は「心理的な支援」になってくるかと思います。

実際に昨年の北海道内での地震、停電のあとはそれまでにご利用くださっていたご相談者さまへのサポートはもちろん、新たにご相談にいらっしゃった方へのサポートも非常に大切な時期を担当させていただいたと感じております。

地震や台風など自然災害に遭われた場合には、まずは物理的な安全を確保することが最優先だと思います。

そういった意味では、心理カウンセリングでできるサポートは多くないのかもしれません…。

その一方で、災害から時間経過によって生活や気持ちが回復してくる方と身体的、心理的な不調が続く方の両方がいることも事実です。

カウンセリングルームとしてできるサポートは、その段階からスタートするとも言えますね。

◆心の健康のために大切なこと

災害などで大変な状況になったときには、身体の健康が重要になることは昨年の地震と北海道全域停電で痛感しましたが、日常生活に戻っていくなかでは「心の健康」も重要なポイントです。

身近に話し相手がいる場合には、その方と支えあうことも選択肢になりますし、もしも一人暮らしなどで不安を抱えてしまう状況であればカウンセリングを利用して心の中にある不安を吐き出してみることも大切かもしれません。

『カウンセリングこころの羽』では、札幌市内2店舗での対面カウンセリングと同時に電話やSkype(スカイプ)などを使用した“オンラインカウンセリング”も実施しています。

そのオンラインカウンセリングでは、実際に関東方面にお住いのご相談者さまもいらっしゃるので、今回の台風影響が心配なのですが…

もしも身の回りが落ち着いていない状況であれば、ご利用日時の変更など柔軟に対応させていただきますので、ご安心くださいませ。

落ち着いたタイミングであれば、感じている不安感や想いをお話いただければトラウマのように後の影響になることを予防するサポートもできるかと思っております。

いずれにしても何かと大変な状況だと思いますので、無理はし過ぎないようにしていただきつつ早い段階で日常生活に戻れるようお祈り申し上げます。

『カウンセリングこころの羽・札幌本店』岡本教兵

ブログ一覧へ >

ご予約はこちら