うつギフ始めます〜うつがギフトなんてまだ言えない〜 | 札幌のカウンセリング こころの羽

Close

うつ病体験記depression story

うつギフ始めます〜うつがギフトなんてまだ言えない〜

【うつ病体験記、その後…】

カウンセリングにおける言葉の捉え方

こんにちは。札幌市北区にある『カウンセリングこころの羽』のスタッフ小田です。

半年前まで、うつ病体験記を20話連載させていただきました。
あの後、どうなったんだろう?と後日談が気になっていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

唐突ですが、私の特技はメモを取ることです_φ(・_・ガリガリ

その記録グセは、様々な能力が減退するうつ病闘病中、弱まりつつも継続していました。

「小田さんの文章は、独特の個性がある。小田さんがその時々で感じたことは、その時にしか感じることができないことだから、それを記録して残すようにした方がいいと思うよ。」

以前、職場の先輩に言われたアドバイスです。
先輩は、私が書く文章に味わいがあって、個性的だと気に入ってくれました。
そして、時間が経つと、ぼんやりとした輪郭しか残らない言葉の感覚を、垂れ流してしまわないよう、記録することの大切さをアドバイスしてくれたのです。

このアドバイスを聞いてから、その日に起こったことで自分が感じたことを、短かくても記録するようにしました。

「訓練」と称して、海外旅行に行った時も、現地の人に聞いた話や、その時に感じたことを一心不乱に記録していたので、新聞記者や研究者と間違われることが何度かありました。

〜うつがギフトなんてまだ言えない〜、略して「うつギフ」という表題は、闘病中に思っていた言葉です。

これまでの自分の考え方だと、うつ病になったことで気づいたことや出会った人も多いから、これはギフトだったんだと意味付けを行うことが多かったけど、そんなことを思えないくらい今は苦しいし、そんな考え方自体、今はしたくない。
苦しいもんは苦しいし、あとあと、いい感じになんて、できなくてもいい。
いつかギフトだったと思える日が、何年後かには来るかもしれないし、ずっと来ないかもしれない。それでもいいじゃん。
うつがギフトなんてまだ言えないし、言わない。

という思いから浮かんだ表題です。

今後、不定期にはなりますが、札幌中央店でカウンセラーとして稼動させていただくことになりますので、「うつギフ」は札幌中央店のブログに掲載させていただきます。
連載型ではなく、1話終了型のミニコラム形式ですので、札幌中央店のブログにも遊びに来てくださいね。

たまーに(?)札幌本店ブログにもお邪魔させていただくこともあるかもしれません。よろしくお願いいたします。

『カウンセリングこころの羽・札幌本店』小田真実

うつ病体験記一覧へ >

ご予約はこちら